企業様のビジネルモデルを充分に理解し、ご担当者様と一緒に、個人情報保護マネジメントシステムを作り上げます。

プライバシーマーク(Pマーク)の取得だけを目的とした表面上の体制作りや、サンプルのままの規程は意味がないと考えます。
Pマーク取得後も企業様自身で維持・運用・改善を継続的に行えることを前提に、第三者認証取得のお手伝いをさせていただきます。

コンサルティングに笑いを忘れない男性コンサルタントと、笑顔と細やかなフォローを心がけている女性コンサルタントの2名で、貴社のマネジメントシステム作りのお手伝いをいたします。中小企業様を中心にご支援しております。お気軽にご相談ください!

プライバシーマーク制度は、日本産業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム−要求事項」に適合して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を評価して、その旨を示すプライバシーマークを付与し、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。

プライバシーマーク取得までの流れ

ステップ 内容
1.調査・ヒアリング・運用体制構築 会社の代表者及びご担当者様へのヒアリングを行い、プロジェクトチームを選定
2.個人情報保護方針の策定 個人情報保護方針(内部向け・外部向け)の策定
3.個人情報の特定 業務の流れに沿って保護の対象となる個人情報を特定
4.リスクの認識・特定 個人情報の取扱いの各局面における個人情報の漏えい等のリスクを認識しリスクを特定
5.リスク分析・対策の検討 特定したリスクについて発生の可能性と影響を分析し、合理的なリスク対策を検討
6.内部規程・記録様式の作成 リスクの対策手順を構築し、JISQ15001の要求に沿ったマネジメントシステムとして、内部規程と記録様式を作成
7.従業者への教育 個人情報保護の目的・方針及び、構築したマネジメントシステムを全従業者に教育
8.運用 規程・ルールに従い、運用を実施
9.内部監査・マネジメントレビュー 運用実施後、ルールが有効に機能しているか監査を実施し、監査結果を踏まえ会社の代表者によるマメジメントレビューを実施
10.是正処置 監査結果及びマネジメントレビューに基づき、ルールの見直しが必要な事項に対し、是正処置を実施
11.申請準備・申請 審査機関への申請書の作成

※コンサルティング期間は、申請までに6ヶ月程度を予定しております。
※スケジュールは企業規模、プロジェクトの進行状況により異なります。
※文書審査、現地審査の対応を支援いたします。
※申請後、認証取得までの期間は、審査機関の進行状況により異なります。


訪問コンサルティング全8回(各2〜3時間) 80万円(税別)から

※上記コンサルティング費用は、中小企業様向けとなります。
※企業様の規模、取り扱われている個人情報の量により、訪問回数・費用は増加する場合がございます。
※電話・メールによるご質問の受付はコンサルティング費用に含みます。
※メールで送付いただいた文書チェックは、ボリュームにより、別途費用発生する場合がございます。
※交通費は別途ご請求となります。
※申請機関への申請料・審査料・Pマーク使用料のお支払が別途必要となります。

お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ戻る